マウス再考を余儀なくされることになった話

ワイヤレスマウスで、なおかつブルーLEDのおかげでマウスパッドすら必要ない最高のマウスがありました。それはこちらのMicrosoft Wireless Mobile Mouseです。

以前の記事でも紹介したようにこのマウスがあればとりあえずはやっていけるのですが、使えない状況に陥りましたのでもはややっていける自信がありません。

スポンサーリンク

現在の俺の作業環境

今は事務所に置いてあったiMacを自室に移動させて、事務所ではWindowsPCのみを使用するようにしています。
事務所にiMacがあってもあまり使わないことが多く、そしてメインで使うことになるのはOfficeのWordとExcelです。そうなると完全にiMacはもう使わないだろうと思ったわけです。以前はAdobeのCreative Cloudを使用していたこともあったので、バリバリに仕事で使っていたのですが、最近はもうAdobeソフトも使う機会が減ってしまった。そうなるとライトな使い方をする事務所のPCはWindowsが一台あれば良いじゃないかと。

別段今はOSにこだわりはありませんが、それにしても軽快な動作をしてくれるMacOSがすごく良いわけです。もちろん高スペックのWindowsPCにおいてはその動作も素晴らしいものになるだろうということはわかっています。しかしながら、その場にあるものでなんとか自分を満足させなければならない状況なので、俺はiMacを使っています。

最近は完全にトラックパッドを使用

そもそも最初に買ったMacOS搭載のPCはPowerbookG4なのですが、その時の恐ろしいくらいに軽快な動作をしてくれたので、「ああ、もうノートパソコン買うならMacだ」というふうに考えるようになってしまったのです。
そしてしばらくしてからまたノートPCを購入する運びになった際にはMacbookAirを選びました。そこで初めてMacといえばトラックパッドという体験をしたわけです。

実際に使ったことのある人はトラックパッドの印象がガラリと変わることでしょう。本当に旧来のWindowsPC、ノートPCについていた小さなトラックパッドの使いづらさったらなかったわけです。それがMacOSのノートPCについているトラックパッドは便利以外の何者でもなく、本当に驚いた記憶があります。

そして使いやすさはノートPCだけではなくこうしてiMacのような大きなディスプレイでも大活躍するほどです。ちなみに俺が使っているのは現行品のMagicTrackpad2ではなくて初代MagicTrackpadです。

ここからが本題。マインクラフトやるときはマウス使いたい

俺はしばらくの間仕事やらが忙しくて、とてもじゃないがゲームなんかしている時間はなかったわけです。だから全然考えにも及ばなかったのだけど、ふと「そういえばまだマインクラフトをこのMacで動かしたことなかったな」と思ったのです。
そこで実際にプレイしてみようと、仕事の息抜きになれば最高ではないかと。しかし、ここでやっと気がつく、今までマインクラフトをプレイしていたときはマウスを使っていたではないかと。

そこでしばらく使っていなかったワイヤレスマウスの最高峰であるところのMicrosoft Wireless Mobile Mouseを引っ張り出して接続してみたのです。

すると最初はまあ繋いだばかりだから、動作も飛び飛びになるだろうとか言っていたんですが、どうも電波が途切れ途切れのような雰囲気でカーソルも飛んだり跳ねたりしている。これはどうもおかしいと思って手前に置いてあるUSBハブにレシーバーを付けてみたりする。それでも状況は変わらない。
もしかすると電池が切れ掛かっているのかも知れないと思い新品の電池を入れてみる。それでも全くおかしいまま。

今度は別のPCに付けてあった同じワイヤレスマウスを持ってくる。そのレシーバーを接続して、そのマウスで動かしてみる。するとまた同じ症状が出る。
「なんだこれ!」って気持ちになりながらも冷静に分析すると

  • どうも同じ型番のマウスで同じように接続した結果が全く同じ
  • マウスパッドいらずとか言ってたけどマウスパッドが必要なのかも知れない
  • でも今までずっとマウスパッド使ってなかった
  • 今使っているのはiMac
  • ちょっと前に使っていたMacbookAirではこうならなかった
  • 机もずっと一緒のものを使っている

このようなことをバーっと考えました。

マウスが使えないのはどうしてか

アップルのサポートページにこんなことが書いていました。

信号干渉をチェックする
• 2.4 GHz 帯のワイヤレスネットワークが干渉源となる場合があります。干渉が疑われる場合は、コードレスホンの親機、電子レンジなどの 2.4 GHz の周波数帯を使用する電子機器を Mac から遠ざけてください。
• ワイヤレスデバイスは Mac から 10 メートル (約 30 フィート) 以上離さないでください。
• ワイヤレスデバイスと Mac の間に金属の物体を置かないようにします。

このことを俺の環境に当てはめてみると、近くに同じマウスを使ったPCがあること、MagicTrackpadがマウスとレシーバーの間にあること(金属)、これらが当てはまる。しかし、それだけではどうも説明が付かないような気がするんだけどね。

ということでマウスパッドをとりあえず買ってみた

どうも腑に落ちないので、とりあえずは有線のマウスを使う前に一度今のマウスでなんとか出来ないものかと思い、マウスパッドを買ってみることにしてみた。
何を買ったかと言うと、Amazonで評価の高いこちらのマウスパッド

これは以前見かけた西尾維新さんのタイピングスピードを再現した展示で、キーボードの下になんかを敷いてあるのがとっても気になったわけです。
俺の今使っている机が白い天板なので、あんな感じで黒いものを敷いてみたらかっこいいだろうな、なんて思っていたこともあり、似たようなものをチョイスしてみました。
あくまで似たものであり、西尾維新さんがこれを使っているというものではありませんのでご了承下さい。

しかしまあどうしてこんなことになってしまったのか。最悪マウスパッドでも解決しないときはもう有線のゲーミングマウスを遂に導入しようかとも思ってはいますが、出来ることならこれまで通りにMicrosoftのマウスを使いたいんだよな。なんとかなってくれ!

とりあえず、またマウスパッドが届いたら記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク